介護生活③~これって老人あるある?~

介護

突然始まった84歳の義母との同居生活
ある時お金をおろしてきてと頼まれました
暗証番号を聞いたら知らないって💦
え?今までとうやってお金おろしてたの?
暗証番号忘れたらお金おろせないんだけど~
💦
老人あるあるなんですかね、、、

銀行に義母を連れていき新しいカードを作成

銀行口座が凍結されるのは死亡時だけではないのです
認知症になると判断能力が衰えるため本人保護の観点から銀行口座は凍結されます
認知症検査をしたことがここで役に立ちました
暗証番号を忘れたことは認知症ではないこと
母を連れて窓口に来るのが大変なこと
本人の希望で新しいカードを作ること
署名捺印が本人可能なこと等を踏まえて
無事新しいカードを作ることができました
併せて口座の住所変更もしなければなりません💦
マイナンバーカードがこういった手続きをスムーズにしてくれることを切に願います


夫が義母と一緒にいったん大阪へ帰省

着の身着のまま(通帳だけは持って)我が家にやってきた義母
前から一度大阪に帰って身の回りの整理をしたいと懇願されていたので
コロナの緊急事態宣言が解除された時に二人で大阪に行きました
大阪にしかない○○信用金庫だとか地銀の定期預金などを上記手続きをした都市銀行1つにまとめてもらいました
毎月記帳だけは必ず行っていた形跡があるのだけどお金を引き出している形跡がなかったのです👀
もしかしたら『たんす預金』で生活していたのではないか?と疑った私達の予想は的中!
義父の死後少しまとまったお金が入り慎ましく質素に暮らしていたとのこと


暇さえあれば通帳を眺めている

老人に暇な時間を与えてはいけません
一人で留守番ができるようになっても喜ぶのはまだ早い!
私が外出先から戻ると必ずっといっていいほど通帳を眺めています

そ、し、て、始まるのです
「これな、訳がわからんのよ~どうして0になっとるん?」
「だからね~ この前大阪に行ったときにひとまとめにしたでしょ」 と本人が納得するまで説明😫

これが一番嫌でした
もう勘弁して~と本人に悲鳴をあげたこともあります

そしてこのやり取りが嫌だと夫に愚痴をもらしたのが大失敗でした💦
夫は義母に二度とお金(通帳)の話を私にするなと約束させたのです
確認したいことがあれば直接俺に聞け!と、、、
このやり取りを目にしたときが大変😨
夫が義母を怒って大喧嘩!親子だから遠慮がない!鬼息子😱


脳トレや塗り絵はやってみるべき

最初は乗り気じゃなかったのにみるみるうちに上達していきました👏

集中してやると時間の経過が早いらしく私が留守にしても通帳ではなく塗り絵をやっていることが増えてきました✌

出来上がった作品は額に入れて飾ってあげると本人もご満悦💛

真剣に脳トレに取り組む義母
こんなに細かい塗り絵にもチャレンジ!本当に色彩豊かでセンスもあって上手です❣


『補聴器』を使いたがらない

人の噂(雑音がするとか良くないもの)を信じている
実際に試したことは一度もないというので自宅体験サービスを利用
店頭に行くのが難しい人には便利です
ピンからキリまであり102万円てのもあってビックリ😆
32万円のを2週間レンタルしてみました
初めて『補聴器』を体験した義母の感想は雑音とかは一切なかったとの事
でも耳から外れると自分ではめられへんしなくしたら大変やからデイサービスには持って行かへん!
テレビの音が期待したほど聞き取れへんからいらん!!とバッサリ😅

私の感想はデビューが遅すぎたと思う
会話が楽になるので家の中だけでも付けて欲しかったけど
自分で装着できないのでは意味ないので結局買わずに終わりました
もし家族の方が耳が遠くなったなと感じたら即行チャレンジするべきだと思う

それにしても怖いくらい真剣(笑)


とにかく倹約家

義母は72歳までパートをしていたそうです👏
義母の趣味は何ですか?の質問に一番困っていた私ですが今なら答えられます!
義母の趣味は倹約・節約・貯金です

一緒に暮らしているとすごく良くわかりました
言い方は悪いけどケチ臭いなあと思うこともしばしばありました
でも逆に言えば義母だって私に対して贅沢だなあと思うこともあったと思います
お互いそれはグッと我慢するまだまだ気を遣い合っている関係なのです私達🔰

圧迫骨折(別名いつのまにか骨折)

コマーシャルで聞いたときはなんてネーミング🤣うける~🤣と笑っていましたが
あるんです!本当に!いつのまにか骨折していることが💦
義母もいつも通りベッドに座って夏掛けの布団を四つ折りに畳んでいた時でした
「痛いっ(>_<)」と一瞬顔を歪めたのです
その日はそのままデイサービスに出かけたので大したことないと思っていたのですが、、、


ところがこれが引き金となって
いよいよ老人ホーム入居話へと状況が変わっていくのです


介護生活④に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました